どうしたらルーレットのディーラーになれる?

どうしたらルーレットのディーラーになれる?

今日はとても興味深いトピックである「ルーレットのディーラー」についてお話ししていきます。ルーレットのディーラーってどうやったらなれるの?と疑問に思っていらっしゃる方もいるかもしれません。映画の世界では、ディーラーは夢のような仕事に見えますよね。カジノで働き、豪華で派手な照明に囲まれて…。まるで夢のようですが、それは本当に夢なのでしょうか?

一概にディーラーといっても、いくつかの仕事の種類にわかれますが、最も一般的なのはカードディーラーです。パリッとしたスーツを着て、マジシャンのようなスキルを持った人たちによって、私たちプレイヤーは一喜一憂させられるわけです。ディーラーを一言二言で説明するとしたらこうなります。しかし今日のお題はカードディーラーではなく、ルーレットのディーラーです。

ルーレットとは、黒か?赤か?という究極の選択を迫られるゲームで、現代文化の中でとても人気があります。ハリウッド俳優のウェズリー・スナイプス氏は「常に黒に賭けろ」と明言しているので、私も一応そうしていますが、ルーレットにはディーラーという人が必ず付きものです。ルーレットのディーラーはいつも上品なスーツを着ていて、手袋まで着用している場合もあります。ルーレットのディーラーは、カジノのシンボル的な存在なのです。

アメリカ合衆国のカジノでは、あらゆるところで常にディーラー職の募集をしています。どこのカジノもそうですが、応募者の経歴を必ずチェックします。想像に難くないと思いますが、ギャンブル依存症や犯罪経歴のある人は歓迎されません。もしギャンブル関連の職務経歴があれば、その分高く評価されます。一部の大学には、カードやカジノに関する授業があるところもあり、カジノ関係者はおそらく、そうした所でディーラーを募集しているのでしょう。もちろん、高卒でも就職できないことはありませんが、キャリア初期のうちは特に、大規模なカジノ企業で良い仕事に就くのは難しいでしょう。

 

カジノ業界が未経験であるという方は、最初の仕事はおそらく、ウィール・オブ・フォーチュンの担当になるでしょう。これはカジノで最も簡単なゲームで、プレイヤーから賭け金を受け取り、あとはウィール・オブ・フォーチュンの円盤を回せば、もうゲームは終わりです。自分が勝ったならプレイヤーからお金を貰い、プレイヤーが勝ったならお金を渡すだけです。

ディーラーとして昇格すると、次に担当するゲームはおそらくブラックジャックです。このゲームも簡単にプレイできます。自分にカードを2枚配り、他のプレイヤー全員にもカードを2枚配ります。2枚の合計の数が一番21に近い人が勝ちとなります。他にも、細かいルールがいくつかあるのですが、でもざっくりと言ってしまえば、これがブラックジャックの大まかな遊び方です。

そしてもっと昇格していくと、ルーレットのディーラーを任せられるようになるでしょう。ルーレットは、プレイヤーの数が多いだけでなく、ベットの数も多いので、想像よりも大変です。回転盤の回し方やボールの投げ方を習得しておかなければなりませんし、もちろん、ルーレットのディーラーを務める前に、オッズやルールを知っておく必要があります。ゲームを完全に理解していないと、プレイ中に大変な事態になりかねませんからね。

また、ディーラーがもらえる給料も、カジノ業界関連の仕事では最も重要なポイントの一つです。ディーラーの給料はどれくらいかご存知ですか?ディーラーの給料は、業務経験や働く場所によって異なりますが、大体平均的には年収3万ドルから5万ドルくらいです。給料の金額に関して最も重要な要素となるのは、業務経験です。5年以上どこかのカジノで働いた経験があれば、年収4万ドルを超えるのは簡単でしょう。

では、ディーラーとして採用されるためには何が一番大切なのでしょうか?ディーラーとして求められるポイントは、お客様へのおもてなし対応です。カジノのゲストに楽しい時間を過ごしていただくためには、ディーラーは感じ良く対応しなくてはいけません。なぜならゲスト全員にまたあなたが勤めるカジノに遊びに来てもらいたいからです。これは即ち、ディーラーとしてのスキルは二の次で、一番大切なのは、人との接し方だということなのです。

最後に、ディーラー職のマイナス点を挙げるとすると、基本的に、週末が出勤日になってしまうことです。火曜日や水曜日の平日は休みになりやすいですが、土日祝日はたいていカジノで勤務することになるでしょう。なので、友人や家族と一緒に過ごす時間がとりづらいのが難点ですね。